朝の時間を大切に

日々のコメント
<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2007年を振り返る
2ヶ月前に週一回は、書くことを宣言してかろうじて続けられております。

今年も残すところあと数時間となりました。

一昨日は、地元の友人たちでやっているフットサルの忘年会でした。

僕は、10月を最後にフットサルをやりに行くことができませんでした。

どうしても日程を合わせることができなかったのですが、振り返ると少し後悔、少し反省です。

以前は、土日や休日に行っていたフットサルですが、9月から平日の夜に行うようになりました。

その頃から徐々に参加できなくなりました。

仕事を早く終わらせることができなかったことが原因です。

今年の一番の反省点は、定時を意識せずに仕事を行っていたことです。

皆が残っているということもあって自分もそれに合わせてしまっていたことが大きな原因だと思います。

来年は、定時を意識して仕事をしたいと思います。

また、昨日、久しぶりにフットサルをしたのですが、体力の衰えが著しく、情けないものでした。

やはり、トレーニングをしなければ体や脳は衰えていくものです。

来年は、フットサルに限らず、定期的に運動をするという習慣を身につけたいと思います。思いつくこととしたらサイクリングでしょうか。

一昨日の忘年会の話に戻ります。

ラストオーダーの後に友人の一人がこんなことを言いました。

「じゃあ一人一人の今年の抱負は?」と。

皆が口を揃えて「ってか今年ってあと2日しかないじゃん」。

大爆笑でした。

来年も週一回は書くということを続けていきます。
[PR]
by vitamin_water | 2007-12-30 22:36 | ふと思ったこと
年賀状
年賀状というものは、面倒くさい。

こんな風習があるばかりに年末のこの時期は、憂鬱になることがある。

大学4年間は、年賀状を書くのを休んでいた。

というよりメールや電話で仲の良い友達に挨拶をしていただけだ。

社会人になって三回目の新年を迎えようとしている今。

社会人になって出した過去二回の年賀状は、元旦に届くように出すことができなかった。

しかし、今年は元旦に届くように投函することができた。

今ではパソコンで何でもできる時代だし、年賀状も専用のソフトが出回っている。

そんな新しい技術やブームが浸透した、または廃れた頃に初めて使うような僕は未だに年賀状は手書きで書いている。

さすがに宛名はパソコンで作ったものを印刷したが。

去年までは、システム会社にいたので送って返ってくる年賀状は全てパソコンで作られたものだった。

それに少しばかりの挨拶が書き添えられている。

そんなことだから僕の年賀状は余計に目についたのだろう。

ある先輩から「みんなの分、書いてるの?」と聞かれた。

「はい、技術がないもので・・・」と答えたが、「すげーいいと思うよ」と言われた。

うん。僕もいいと思う。自分でいうのも何だが。

書く時はすごく疲れるが、一人一人に違う文、その人だけに贈る言葉を考えるということは、ぐっとくるものだと思う。

頭の中でその人との関わりを振り返りながらの作業なので脳にもきっといいはずだ。

年末の憂鬱なことというイメージは崩れないかもしれないが、毎年続けたいものだ。
[PR]
by vitamin_water | 2007-12-23 21:17 | ふと思ったこと
自意識過剰かな?
僕は、起きる時間にムラがあるタイプだ。

だからこそ、できる限り早くに起きることを習慣づけている。

そのため、どんなに遅くなっても始業20分前には会社に着く。

最近は、寒くなって来たことに加えてタバコをまた吸い始めてしまったために寝起きが悪くなった。

起きた時間を見ていつも自分に腹が立つ。

そんな理由から、電車も約1ヶ月前から1本遅い時間の電車に乗るようになった。

当たり前だけれど、1本違う電車だと顔ぶれが全く違う。

比較的好奇心は旺盛な人間だから、ついつい人間観察をしてしまう。

防衛本能も強いのだろうか。

話は逸れた。

先日、久しぶりに1ヶ月前まで乗っていた早い時間帯の電車に飛び乗ることができた。

その電車にはいつも40代くらいのおばちゃん2人が乗っている。

結構大きな声で会話をしているので良く覚えていた。

僕は、いつも一人でi-podを聞きながら電車に揺られている。だから、何を話しているのかは聞いていないが。

その日は、ホームで電車を待つ列の最後尾にそのおばちゃん2人がいた。

その後ろから僕は、電車に飛び乗る。

電車に乗ると僕は、すぐに扉側へ振り向いた。

その時は、まだi-podを装着していなかったために周りの音が良く聞こえた。

振り向いた瞬間に後ろから「ねえねえ見てみて」「あ、久しぶりだね。めずらしい」といった会話が聞こえて来た。

そのおばちゃんたちの会話なのだが、これって僕のこと?

結構、同じ車両に乗る人ってお互い観察してるのかな。

僕も、いつもいるあの子やあのおじさん、あのイケメンがいなかったりすると「今日はいないな」と心の中でつぶやいていたりする。

自意識過剰かな?
[PR]
by vitamin_water | 2007-12-18 00:10 | 出来事
30人31脚
昨日、小学生の30人31脚をテレビで見た。

我が静岡代表は、シードにも関わらず初戦敗退で残念だった。

地区の予選を勝ち抜いたクラスが全国から集まる大会。

クラスを率いる先生も皆独特で熱い先生もいれば、冷静な先生、涙もろい先生もいた。

自分でいうのも何だが僕は、足が速い。

小学生時代は学年でもダントツの速さだった。

自分が小学生の頃、30人31脚をやっていたらいつもの速さを味わえなくてイライラしていたかもしれない。

30人もいればクラスの中に速いものもいれば遅いものもいる。

脚をそろえなければ転んでしまうのだから、必然的に遅い人のペースになるものだろう。

それでも一人で走るよりは、多少引っ張られる分、遅い人の脚の回転も速くなるはずだが。

何かにたとえるなら護送船団とでもいえるのかな。

個が重視される時代といわれて久しい。

だから護送船団という考え方はもう古い。

でも、昨日テレビを見ていて30人31脚は、本当にクラスが一つになれるものでいいものだと思った。

走るのが苦手な子、得意な子、全員含めて皆で同じゴールに向かって同じ瞬間にゴールする。

小学生の目が輝いていたし、負けた時、または勝った時に見られる笑顔、涙がとても印象的だった。

そんな光景に思わず目がウルウルしてしまった。
[PR]
by vitamin_water | 2007-12-10 23:51 | ふと思ったこと
三谷幸喜ってすごい
12月最初の土日は、二日とも家で過ごした。

外に出たのは、土曜日にクルマの定期点検、日曜日に家族で食事に行ったことぐらい。

土曜日は、DVDを3本借りて3本見た。

その内の一つが三谷幸喜脚本、監督の「THE有頂天ホテル」だ。

一言で言って面白い。

役者も豪華で一人一人のキャラクターが生かされている。

その中でも役所広司の役柄が面白かった。

僕が好きな役者の一人。

落ち着いた口調で落ち着いた立ち居振る舞いのホテル副支配人。

そんな彼が大晦日の夜に大忙しのホテルでばったりと元妻(原田美枝子)に会う。

元妻は、現在の夫(角野卓造)とホテルに宿泊していた。

教師の夫は、ある研究をしていて、その成果が讃えられ、その業界におけるマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

そう。大晦日に授賞式があったのだ。

授賞式の前にある事情(この事情も面白い)により、どこかへ行ってしまった夫を捜しにホテルをうろつく妻。

そして次から次へと面白い事件が起こるホテルを駆け回る副支配人。

そんな二人が偶然再会。副支配人となった今ではホテル従業員の誰もが想像できないが、昔はある夢を追い続けていた役所。

その夢のために別れた妻だった。

そこで役所は、ホテルの制服がちょうど授賞式に出るような衣装だったためにある見栄をはってしまったのだ。

おわかりだろうか。

あまり書きすぎてもいけないので、興味があったら見ることをお勧めする。

見栄を突き通そうとする役所、また、その他のキャストが絡む珍事件。

この映画、必見です!!

全てのキャストと役柄を絶妙に関連させてつくりあげたストーリー。

三谷幸喜は面白い。

今度は「みんなのいえ」を見てみたい。
[PR]
by vitamin_water | 2007-12-03 23:33 | 出来事


by vitamin_water
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
挨拶
出来事
ふと思ったこと
スポーツ
仕事
映画
旅行
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ロケットパワーにんじん君
from オーディション越後屋@情報商店街
妊娠・出産・育児応援雑誌..
from 亀田三兄弟に負けるな!家族を..
モテる男になる方法
from モテる男になる方法
ブサイクがかわいい女を落..
from ブサイクがかわいい女を落とす..
フットサル
from 新解 冗用漢字 ー新しい日..
環境を整える
from 自分探しの心の旅
旅行で得をするための工夫..
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧