朝の時間を大切に

日々のコメント
<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
しゃべっていない
最近、全くしゃべっていないです。

仕事では、パソコンの画面やノート、書類を見つめている時間が就業時間中の8割を占めていると言っても過言ではないでしょう。

しゃべっていないとなんとなくしゃべる感覚を忘れてしまう気がします。

極端かもしれませんが、どうしゃべるんだっけ?というような感覚です。

脳にも非常に悪いと思います。

人間が脳を最もよく利用する行動は、しゃべる(会話する)ことだそうです。

会話に必要なものは次のものがあります。

①相手に伝えるために話を組み立てる。
②それをしゃべる。(声に出す)
③相手を見る。(観察する)
④場合によっては、しぐさ(ボディランゲージ)で強調する。(運動?)
⑤相手の話を聞く。
⑥相手の話を理解する。
⑦相手の話に応じて話す。

もっと細かくできるかもしれませんが、会話には目、口、耳、手、場合によっては鼻や体全体を使うという運動の要素があるのだと思います。

ですから脳の広い部分が活動するようです。

脳の健康のためにもしゃべる行為をしたいと思います。

こんなこと言っていること自体が尋常ではないはずなのですが・・・。

必要なこと以外でもどんどんしゃべります。
[PR]
by vitamin_water | 2008-02-14 01:14 | ふと思ったこと
ピュアなヒト
最近気になる女性がいます。

女性といってもこの世に実在する人ではございません。

小説の中の人物です。

「鴨川ホルモー」という小説です。

近頃ドラマで放映されている「鹿男あをによし」を書いた万城目学さんが書いた小説です。

流行に取り残されまいと読み始めた小説でした。

読んだのは、半年以上前になるでしょうか。

今になってこんなことを書くのは、「鴨川ホルモー」に絡めた短編小説「ホルモー六景」をこの三連休で読んだからです。

気になるのは、「楠木ふみ」という女性です。

度を超えたピュアなところに惹かれます。

今までの人生を振り返ってみても僕の周りには存在したことがない女性です。

ピュアな女性は数多く存在すると思いますが、この楠木ふみは世間一般でカテゴライズされる「ピュア」なグループには属さないでしょう。

必要なこと以外は話さない、どこまでも寡黙でありながら、数学のことになると饒舌に話す人間です。

恋に関しては誰もが異論を唱えないほど臆病であり、恋の話題になると明らかに戸惑ってしまいます。

好きな人がいるのに気持ちを伝えられない楠木ふみ。

「鴨川ホルモー」ではその好きな人に気持ちを伝える楠木ふみの不器用さに惹かれました。

「ホルモー六景」では気持ちを伝える前の楠木ふみとそのピュアさに改めて惹かれました。

数学の問題を解くように恋はうまくいきません。

楠木ふみだけではなく、誰もが感じることでしょう。

僕は、数学の問題も思うように解けませんが。

自分の中にあるピュアな部分が楠木ふみに刺激されてしまったのです。

人には好みのタイプというものがありますが、実際に好きになるのは正反対な人間だったりします。

楠木ふみがこの世に存在したら、もしかしたら好きになっているのかもしれません。


度を超えたピュアな人間でピュアな恋を表現した万城目学さん。

必見です!!
[PR]
by vitamin_water | 2008-02-11 21:21 | ふと思ったこと


by vitamin_water
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
挨拶
出来事
ふと思ったこと
スポーツ
仕事
映画
旅行
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ロケットパワーにんじん君
from オーディション越後屋@情報商店街
妊娠・出産・育児応援雑誌..
from 亀田三兄弟に負けるな!家族を..
モテる男になる方法
from モテる男になる方法
ブサイクがかわいい女を落..
from ブサイクがかわいい女を落とす..
フットサル
from 新解 冗用漢字 ー新しい日..
環境を整える
from 自分探しの心の旅
旅行で得をするための工夫..
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧