朝の時間を大切に

日々のコメント
<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ぶらり箱根旅4
箱根の旅はまだ終わらない。

箱根小涌園ユネッサンを出たが、静岡方面とは逆の方向、つまり箱根駅伝でいえば復路の方向へ足を向けたのだ。

土曜日であるし、これで帰って夜中に家について、翌日、遅くまで寝ているのももったいない。

どうせなら近くの旅館に泊まって、また温泉に入り、翌日、プチ旅行できればこの上ない。

そう考えたのだが、ガイドブックも地図もない中、Uターンが難しい山道を走るのはドライバーにとっては不安だ。

旅館らしき場所を見かけても通り越したら面倒だし、かといって周囲を気にするばかりに事故を起こしたら本末転倒だ。

小涌園からしばらくクルマを走らせると箱根湯本駅があった。

もしかしたらと思い、後ろにクルマが続いているが、少しスピードを緩め、周囲を見渡す。

「あっ」と思った時はもう通り越していた。

しかし、すぐ近くの橋を利用してUターンをし、駅前ロータリーにクルマを止めた。

もう20時を過ぎていたが、「箱根旅館協会」はまだ開いていた。

「今から宿泊先って探せますか?」遅い時間であったため、申し訳なさそうに、窓口に待ち構えていたおばちゃんに聞いてみた。

「はい、まだ大丈夫よ。一人?」とおばちゃん。

「二人です。できるだけ安いところがいいんですけど」

「いくらぐらい?」

「二人で1万円以内、それか1万5千円以内のところってないですか?」

「あるわよ。こことここ。おすすめはこっちかな。女将さんが親切だからね。ここは二人で1万2千円。歯ブラシとかタオルとか持ってないでしょ?ここはあるけど、もう一つのところは歯ブラシ、タオルないの。二人で9千円だけどね。」

安さはもちろん選択の基準とするところだったが、女将さんが親切ってとこと江戸時代創業ってとこに惹かれて1万2千円の宿にした。

「ここらへんは食べるとこ何もないから夕飯がまだだったら旅館に行く途中のセブンイレブンで明日の朝食分も買い出して行ってね。じゃあちょっと旅館と連絡とってみるから。」

おばちゃんが旅館に電話する。

「旅館協会です。お二人さん今から大丈夫?・・・はい、わかりました。買い出ししてってもらいますから。宜しくお願いします。」

電話を切っておばちゃんは言う。

「女将さんがあったかいお湯湧かしといてくれるらしいからね。明日はどっか行く予定あるの?よかったらこの地図とか持って行きなさい。」

遠慮なくいただいて、1万2千円のうちの一部を支払い、おばちゃんにお礼をして旅館協会をあとにした。

いきあたりばったりだけど、わくわくして来た。

インターネットでは辿り着かなかったであろう、旅館に泊まれる。

不安はあるが期待も大きい。

旅館協会のおばちゃんに言われた通り、セブンイレブンで買い出しをして旅館に向かった。

つづきは次回。
[PR]
by vitamin_water | 2009-02-23 22:16 | 旅行
ぶらり箱根旅3
湯〜とぴあからユネッサンへ戻った時刻は、17時過ぎ。

シーズンによって違うようだが、この時期は水着ゾーンが18時で終了であったため、人もまばらになっており、その分、有意義に風呂を楽しむことができた。

しかし、ユネッサンで最も印象に残ったものは、「ドクターフィッシュ」だ。

ドクターフィッシュとは、近頃、耳にするようになった魚であり、ヒトの古くなった角質を食べる特性がある。

wikipediaによるとアトピー性皮膚炎などの皮膚病の治療効果があるそうだ。

期間限定でこの「ドクターフィッシュ」を体験できるお風呂があったので迷わず、入った。

直径5メートル程の丸い風呂の中にメダカよりも少し大きい無数の魚がいまかいまかと人間の足を待っている。

係員の指示に従ってそっと足を入れると複数の魚が僕の足に飛びついて来た。

自分の足に魚が群がるという光景と感触に違和感があり、ものすごく気持ちが悪い。

他にいた若い女性客などは、悲鳴を上げている人もチラホラといた。

しかし、30秒程、耐えてしまうとこの感触、そして光景が気持ち良くなってくる。

体験時間は3分であったため、終わった時にはもう少し時間があったら良いのにと思う程だった。

ヒトの身体には目に見えない角質がたくさん溜まっているのだろう。

「ドクターフィッシュ」のあと、しばらく平泳ぎの練習をして水着ゾーンを後にした。

今度の舞台は裸ゾーンの森の湯だ。

通常の温泉であるため、特筆することはないが、外にあったぬるめの露天風呂がとても気持ちよかった。

浅い風呂の脇の石を枕にして寝転び、空の星を眺めながらぼんやりとする休日のひととき。

心も身体も開放感に満ちあふれたひととき。

思い返すと贅沢な時間だったなあと感じる。

いつもの如く、入浴後にコーヒー牛乳を一気飲みして箱根小涌園ユネッサンの旅を締めくくった。

今まで経験したことがない混浴風呂、茶風呂等の不思議な湯、巨大な温泉プール、そしておなじみ裸風呂と、これでもかと言われるほど「湯」を満喫させてもらった。

衝動で出向いたぶらり旅であったが、なかなか良い旅になったもので大満足の土曜日となった。
[PR]
by vitamin_water | 2009-02-23 21:44 | 旅行
明日は雨か
雨という日もたまにはいい。

しかし、一週間の最後の出勤日である金曜日に降られるとなんとも切ないものである。

外に出ることは少ないのであまり関係はしないのだが、外の雰囲気が暗いと快晴の日より、調子が上がりづらい気がする。

そうはいっても仕事は仕事だ。

曇りであろうが雨であろうが、はたまた嵐であろうが、働いている以上は手を抜いてはいけない。

手を抜かないからこそ、その後の休日が楽しみであるし、楽しくなるであろうと思われる。
[PR]
by vitamin_water | 2009-02-20 00:18 | ふと思ったこと
ぶらり箱根旅2
湯〜とぴあには、先述の通り、コーヒー風呂、ワイン風呂、茶風呂等、本来であれば飲むはずのものに飲まれてしまうという、不思議な体験ができる。

屋外にあるため、冬場のこの季節は、外に出るまでが勇気がいるものだが、ドアを開けて目の前のコーヒー風呂に駆け込めば、安心だ。

風呂までの一瞬の寒さがまた、浸かった瞬間の幸福感を増幅させる。

湯〜とぴあでは、不思議な風呂に入るだけでなく、スタッフが湯をぶっかける等、エンターテインメント的なこともたまに行われていた。

僕がコーヒー風呂に入った時は、大きな風呂桶いっぱいに汲んだコーヒー湯をぶっかけている最中であったが、さすがにそれはかかりたくなかったので、陰に潜んでいた。

子供達は大喜びであり、一部のカップルは二人で一緒になってコーヒーを浴び、一部のカップルは男だけコーヒーを浴び、女は僕のように陰に潜み、冷めた目で彼氏を見つめていた。

湯〜とぴあで最も気持ちのよかったのは茶風呂だ。

やはり、日本人であるせいだろうか、茶の匂いが自分の脳の気持ち良いと感じる部分にストレートに響いてくる気がする。それに加えて少し熱めの湯加減が僕にとっては心地よかったのだ。

散在する湯を転々とし、茶風呂で十分に身体を温めた僕は、湯〜とぴあを後にし、再度ユネッサンへ向かった。

今日はここまで。
[PR]
by vitamin_water | 2009-02-18 00:07 | 旅行
ぶらり箱根旅
この前の週末は、箱根にふらっと出かけて来た。

土曜の朝、9時過ぎに目を覚まし、この週末は何をしようかとしばらく布団の中で考えた。

どこか遠くへ出かけてみたいものだということでパソコンを立ち上げ、インターネットをのぞいてみる。

最近は暖かくなって来ており、暦の上では立春を過ぎてはいるものの、少しは寒いことには変わりはないという理屈を自分に言い聞かせ、それならやはり温泉に行くべきであろうと思ったのだ。

ただ、温泉というものは想像の上ではとても気持ち良く、ゆっくりと湯につかることができるのだが、実際に行ってみると案外、さっと湯につかり、ちょこっとサウナに入ってみるだけで、一番の楽しみは入浴後のコーヒー牛乳になるのが僕のいつものパターンなのだ。

貧乏性?の僕は、それでも支払った代金は少しでも元を取ろうと思うのでいつも頑張ってはみるのだが、到底、元は取れていないだろう。

そういったことを考える中で、どうせ元は取れないのなら、ただの温泉ではつまらないと思い、箱根小涌園ユネッサンに行こうと決心したのだ。

そもそもユネッサンに行き着いたのは、随分と前にテレビ番組「TVチャンピオン」で見たワイン風呂が頭の片隅にあったためだ。

余程、印象的であったのだろうか、パッとそのワイン風呂が浮かび上がって来たのだ。

グーグルで「ワイン風呂 箱根」で検索し、すぐにそれがユネッサンだということがわかる。

ここで箱根小涌園ユネッサンについて、簡単に説明しなければなるまい。

箱根小涌園ユネッサンとは、芦ノ湖に程近い箱根に位置する温泉テーマパークである。

広い館内には、一般の温泉はもちろんのこと、水着を着用して入る水着ゾーンがある。

この水着ゾーンは、水着を着るということからお分かりかと思われるが、男女混浴である。

水着ゾーンにも「ユネッサン」と「湯〜とぴあ」がある。

「ユネッサン」は、地中海をイメージした広い館内にある大型プールのようなところで、温泉で泳ぎたい人にはもってこいだ。心なしか、子供の数が多い。というか子供と付き添いの親ばかりだった。

「湯〜とぴあ」は、先ほど、出て来たワイン風呂をはじめ、コーヒー風呂や茶風呂、炭風呂といっためずらしい風呂が屋外にぽつりぽつりと並んだ空間だ。こちらはカップルが多かった。きっと非日常の風呂を二人で味わいながらちちくり合うにはもってこいなのだろう。

僕はこの水着ゾーン、特に「湯〜とぴあ」をこれでもかと言われるくらい満喫したのだ。

書いていたら疲れてきたからまた次回にする。
[PR]
by vitamin_water | 2009-02-13 00:19 | 旅行
ちょっと頭が痛い
ここ2、3年の間はまともに風邪をひいたことがない。

というよりも身体の調子が悪くて辛いと感じたことがない。

馬鹿は風邪はひかないというがあながち間違いではないのかもしれない。

しかし、今、ちょっぴり頭が痛い。

だから、早めに就寝することにしよう。

毎週欠かさず見ているマンデーフットボールも今日は見ないで寝てしまえ。
[PR]
by vitamin_water | 2009-02-10 00:03 | 出来事
赤から
先日、「赤から」に行った。

赤からとはめちゃめちゃ辛い赤から鍋が名物の居酒屋だ。

赤からに行ったらやはり必ず、赤から鍋を食べるのだが、この鍋を食べた翌日は決まって下痢になる。

この度に自分の胃腸の弱さを痛感するのだが、しばらく経つとまた食べたくなる。

また、しばらくしたら行くのだろうな。
[PR]
by vitamin_water | 2009-02-02 23:24 | ふと思ったこと


by vitamin_water
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
挨拶
出来事
ふと思ったこと
スポーツ
仕事
映画
旅行
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ロケットパワーにんじん君
from オーディション越後屋@情報商店街
妊娠・出産・育児応援雑誌..
from 亀田三兄弟に負けるな!家族を..
モテる男になる方法
from モテる男になる方法
ブサイクがかわいい女を落..
from ブサイクがかわいい女を落とす..
フットサル
from 新解 冗用漢字 ー新しい日..
環境を整える
from 自分探しの心の旅
旅行で得をするための工夫..
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧