朝の時間を大切に

日々のコメント
<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
書店での本探し
「こちらでございますか」

「はい。ありがとうございます」

今どきの本屋には大概、本の検索端末が置かれている。

本の題名や著者名をキーワードに、お目当ての本を探すことができるのだ。

便利なことに本の在庫状況、置かれている場所も教えてくれる。

お目当ての本はなかったが、僕は今日も本屋に足を踏み入れた。

ふらふらと書棚を眺めながら歩き、今日はまず、おすすめ文庫コーナーで足を止める。

そこでふと手にした本は「伊坂幸太郎全小説ガイドブック」。

「一緒に本屋を襲わないか」ある小説の登場人物のセリフだ。

こいつは何に困ってるの?提案を受けた方はどうするの?

もう少しガイドブックを眺めればわかったかもしれない。

しかし、僕はすぐさまガイドブックを閉じ、真っ先に文庫の書棚に向かった。

伊坂幸太郎の本はあれど、お目当ての本はない。

仕方なくハードカバーの書棚を見てみると一冊だけあった。

買おうか迷ったが、値段が高いことに加え、通勤中に読むことを考えるとやっぱり文庫の方がいいと思い、念のため、検索端末をたたいてみた。

在庫あり。しかもさっき探していた書棚のところにある。

本の場所を記したレシートのような紙を検索端末から打ち出し、まるで大好きな彼女に会いに行くような気分で僕は再び文庫の書棚に向かった。

しかし、何度も何度も書棚を見ても、見つからない。

検索端末から打ち出した紙には「お探しの本が見つからない場合には店員にお問い合わせください。」と書かれていた。

これだけ探したのにないということは登録ミスか何かでホントにないんだろうなあと思いながら、ダメもとでレジにいた店員さんに聞いてみた。

メガネをかけ、小太りでまじめそうな女の店員さんは白い歯を見せ、快く引き受けてくれた。

レジの小脇に置かれた端末をちょこっとたたき、一目散に書棚に向かって走り出した。

そして、書棚を眺めること5秒。一冊の本を取り、小走りで僕のところへ向かってきた。

お目当ての本を渡される。

こんなご時世でも人に聞かなければわからないこともある。なんでも機械にまかせてしまってはダメだ。

やっぱり、生のコミュニケーションが一番わかりやすく、一番早い伝達手段だよ。

あってよかった。

”アヒルと鴨のコインロッカー”
[PR]
by vitamin_water | 2011-07-31 22:04 | 出来事
夏の音②
カエルの大合唱絶賛の投稿を終えた矢先に、蝉が鳴き出した。

夜の12時近いのに。

蝉は夜には泣いてほしくないものだ。

涼しげなカエルの鳴き声で心地よく、眠りにつこうとしていたのに、暑苦しいアブラゼミの鳴き声に今夜はうなされながら寝なければならないのだろうか。

節電のご時世だから、窓を閉めてエアコンをつけるのも気が引ける。

いずれにしても窓を開けて、蝉が鳴き止むことを祈りながら目を閉じようと思う。
[PR]
by vitamin_water | 2011-07-25 23:50 | 出来事
夏の音
カエルの鳴き声が嫌いな人がいる。

水田の中から聴こえてくるカエルの大合唱を聞いていると、四方八方から今にも大量のカエル飛び出してきそうだ。

確かにそんなことが起こればさすがの僕だって気味が悪くなる。

大の大人なのに逃げ出してしまうかもしれない。

僕はカエルの鳴き声自体は好きではないが、田舎の水田に響き渡るカエルの鳴き声は好きだ。

車や電車などの音に邪魔されず、ただただ響き渡るカエルの大合唱。

人によっては暑苦しいという人もいるかもしれない。

しかし、僕にはむしろ真夏の寝苦しい夜に涼しさを与える心地よい音に聞こえるのだ。

僕がこの音を好きな理由はわからない。

今夜、田んぼに囲まれた地元の田舎道をジョギングしていてふと感じた気持ち良さ。

ちょっと書いておきたいと思ったので。

カエルが一斉に襲い掛かってくることはとうていあり得ない。

だから、カエルの鳴き声が嫌いな人には、この音を存分に聞けること自体が幸せなのだと感じてもらいたい。
[PR]
by vitamin_water | 2011-07-25 23:45 | 出来事
紙にこだわる必要はあるの?
中吊り広告はなぜ、ずっと紙なんだろう。

紙からディスプレイに変更すればわざわざ付け替える作業も不要だし、紙代、印刷代も浮くし、何かあったらすぐに別の内容に変更することも可能なのに・・・。

ディスプレイだと背が高い人にとっては頭をぶつける危険があるからかな?

広告の付け替え作業員の雇用を保つためなのかな?

印刷屋さんが実は結構重要な顧客だったりするからなのかな?

いずれにしても中吊り広告は内容が変わる周期が早いから紙よりもディスプレイにして、内容をすぐに変更できるようにした方が良いと思った。

そうすれば。一定期間ずっと掲出せずに、ある区間、またはある時間帯だけ広告を掲出したいというニーズにも応えられる。

とふと思った。
[PR]
by vitamin_water | 2011-07-13 22:43 | 出来事
禁煙によって生じた節約
僕は2010年10月のタバコ値上げを機に禁煙に踏み切った。

禁煙当初、誘惑に負けそうになったこともあったが、なんとか禁煙を継続し、今日まで続いている。

この禁煙期間中に、禁煙によって節約された金額を計算してみた。

逆に言えば喫煙をしていたら、この期間中にいくら使っているかになる。

僕は喫煙時代、一日15本程度を吸っていた。

タバコの銘柄はマイルドセブン スーパーライト。

僕が喫煙していた当時は20本入りの1箱300円であったが、今では410円になってしまった。

今の値段では1本あたり20.5円になる。

これを基に計算をすると1日あたりでは15本×20.5円=307.5円。

禁煙期間の日数は約9か月であるので270日として307.5円×270日で83,025円。

結構な額になる。

この分はどこに消えたのだろうか?

おそらくスーパー銭湯だろうな。
[PR]
by vitamin_water | 2011-07-12 00:21 | 出来事
慣れるということ
タバコをやめてからもう9か月が経った。

やめたばかりの頃は頭がすっきりして体が軽くなったように感じていた。

でもタバコを吸わない日常が当たり前になった今ではそんなこと全く感じない。

タバコがない生活に慣れてしまった。

タバコをやめたことはきっと良い効果をもたらしているのに、それが実感できない。

人は慣れる生き物だ。

喫煙をしている時に禁煙に踏み切った際には不安を感じていた。

タバコがなくてもイライラしないでいられるだろうか?タバコ以外のストレス発散がなくなって、おかしくなってしまわないだろうか?といったくだらない不安だ。

しかし、禁煙が続くとその不安は全く忘れてしまった。

やるまでは苦手だと感じていたことでも、やり出して慣れてしまえば、やる前の恐怖や不安というものはどこかへ消えてしまう。

逆に得意だと感じていたことでも、失敗が続くと、失敗することに慣れてしまい、苦手意識を持つようになる。

どうせ慣れるのなら、良い方向に慣れればいい。

だから、苦手なものでも一人前になるまで続ければいい。失敗が続くものでも成功が続くようになるまで続ければいい。

良い方向に慣れるまで続ければいいんじゃないか。単純に。

そう思った。
[PR]
by vitamin_water | 2011-07-12 00:08 | ふと思ったこと


by vitamin_water
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
挨拶
出来事
ふと思ったこと
スポーツ
仕事
映画
旅行
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ロケットパワーにんじん君
from オーディション越後屋@情報商店街
妊娠・出産・育児応援雑誌..
from 亀田三兄弟に負けるな!家族を..
モテる男になる方法
from モテる男になる方法
ブサイクがかわいい女を落..
from ブサイクがかわいい女を落とす..
フットサル
from 新解 冗用漢字 ー新しい日..
環境を整える
from 自分探しの心の旅
旅行で得をするための工夫..
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧